スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YEBISUセレブリティーズOVA試写会

ぱったり更新がないかと思えば連日更新したりで
落ち着きのないブログでスミマセンwww

腐の相棒であるお姉様に勧められて読んでみたら
見事にハマったBL小説とコミック
「YEBISUセレブリティーズ」
YEBISUセレブリティーズ 1 [新装版] (ビーボーイノベルズ)YEBISUセレブリティーズ 1 [新装版] (ビーボーイノベルズ)
(2006/11/15)
岩本 薫

商品詳細を見る


コミックはこちら
YEBISUセレブリティーズ 1st (ビーボーイコミックス)YEBISUセレブリティーズ 1st (ビーボーイコミックス)
(2006/11)
不破 慎理

商品詳細を見る


この作品がこのたびOVAされまして、試写会とサイン会が
行われるということで、本日行ってまいりました!

オタ系のイベントといえば、このブログでも何度かぼやいているように
今まで、主にニトロプラスキラルのイベントで何度も辛酸を嘗めさせられている私。
つまり、出遅れる→すっごい並ぶ→最高のポジションをいつも逃す
イベントショップでは何度も品切れに泣かされているありさま。
腐女子のみなさんの、愛する作品に賭ける意気込み、パワーは
常に私の情熱を上回っており、これまで負け戦を強いられてきたのであった。

今回の試写会イベントは、事前の整理券の配布がなく、参加費無料、しかし
会場のキャパには限りがある。
せっかく出向いたのに万が一入場すらできないなんてことがあっては
切ないにもほどがあるではないですか。
なので、せめて入場は出来るように早く行こう!この際、開場まで
延々並ぶハメになっても、それはもう必要労力として我慢しよう、と
気合いを入れてアニメイト@横浜に向かったのでありました。

思いのほか立派だった横浜駅で軽く迷ったものの(方向音痴なもので・・・)
目的地に到着!ドコに行けばいいのかな~っと店舗入り口を見てみると、
「本日開催のイベントに参加する人はこちらに」
的な案内を発見したので、それに従ってほとほとと階段を上るわたくし。
休日のアニメイトといえば、芋洗いの如く混雑しているのが常だけど
昼前という時間帯のせいか、それとも場所柄か、意外と空いている。
テナントとして入っている建物がちょっとばかり年代物で、アニメイトとは
思えないずず暗い空間(スミマセン)をおそるおそる進んでいくと、
待機場所である非常階段にたどり着いた。

去年の夏、キラルラボで味わった驚異の長蛇の列を想像しつつ、
おそるおそる階段を覗くと、

o(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

まだ10人くらいしかいらっしゃらない~♪

っていうか、そんならもう少しゆっくり来れば良かったな、などと
考えつつ、(たぶんこーいう怠け心が今までの敗因)
待ち時間のおともとして持ってきた
「ホテル・ラヴィアンローズ」高遠琉加 著
を広げて、じっと開場を待っていたのであった。

非常階段の寒さに地味にHPを削られつつ、約1時間半の待ち時間を経て、
ようやく試写会会場までご案内となったのであった。

会場に至るまでの廊下の壁に、小説の挿絵とコミックを
描かれた不破さんの手によるエビリティキャラのイラストが
飾られていて(多分描き下ろし・・・?)急にテンションがあがるw
ゲンキンなものです。

立ち見を覚悟してたけど、ちゃんと椅子が用意されてて、
ほっと一息。非常階段は寒くて尻が冷えそうだったので、
とても座っていられなかったのだ。
しかも、なんと最前列ですよ!端っこだったけど。
これまでこーいうイベントでいい場所を取れたためしがなかったので
嬉しかった~♪やっぱ早く来た甲斐があったなぁ。

配られたアンケートに記入などしていると、ようやく試写会開始。
おお、絵がすっごい綺麗だなぁ、というのが第一印象。
不破さんの絵がかなり忠実に再現されてて、原作を
読み込んでいるファンの方も、これなら納得なのではないかと。
アニメになっても益永はやっぱり美しくって、なんだかにやけてしまった。

それと、私はこれまでエビリティのドラマCDは聞いてなかったので
キャラの声を聞いて、ああ、みんなこーいう声だったんだぁ・・・と
うっとりと聞き惚れてました。
特にボスの声、渋くて貫禄があって、大人のフェロモンが溢れまくってる!!!
私はエビリティのメンバーの中では、久家が大好きなのですが
原作中で「ちょっとかすれた声」と表現されている彼の声は
一体どんな感じ・・・?と聞いてみれば、想像よりちょっと
若かったけど、なるほど、傲岸不遜な久家らしいちょっと乱暴な
しゃべり方といい、とっても彼らしい声でした。

と言っても、今回のOVAは、コミックスの1巻、ボスとはるかの
なれそめ(?)編なので、久家の出番はあんまりなかったのだけれど。

ストーリーは、コミックの流れにこれでもか、というくらい忠実に
進んでいきます。
マンガがそのまま絵コンテになってるんじゃね?ってくらい。

でね、中盤の山場として、ボスがはるかを押し倒すシーンがあるんだけど・・・
(APACHEのショップカードのサイズ指定をはるかがミスって
『辞めます』っていうところですね)
えとですね、一応、アニメイトのスタッフとして、男性も
同じ会場においでなワケですよ。

そゆ空間において、男同士のキスシーン、だけならまだしも、
服を半分脱がされたはるかにボスがのしかかってエロ~~いキスを
するというヤバいシーン・・・
しかも、ドラマCDではおなじみですが、やけに臨場感あふれる
濡れたキスの音・・・

い た た ま れ な さ す ぎ る 

!!!!!!


この気まずさは、キラルナイトで、スイプーの18禁スチルが出てきた時以来、
いやそれ以上のインパクトで、思わず目が泳いだ私であった。

いや~、やっぱこーゆうのは、公衆の面前で見るものではないですなぁ。

変な汗をかきつつ、身体におかしな力が入ってしまって
一気に疲れた私であった・・・ハァハァハァハァ・・・・



さて、試写会も無事終わり、今回の(多分)メインイベントである
岩本薫さん、不破慎理さんお二方によるサイン会!!
このサイン会は、OVAを予約した人のみ参加できるというイベントだったのですが
みなさん、すでに予約済みで、会場で予約した方が皆無だったという・・・笑
試写会イベントというより、メインはどう考えてもサイン会だろ、という。

こんな素敵な世界を創られたのは一体どんな方なのかしら・・・と
期待にはち切れそうになりながらステージを見守っていると
遂に本日の主役のおふたりが登場!!

おおおおおお、この方達が、あのエビリティを生み出された方たちなのね!!
スレンダーボディをハイセンスなお洋服に包んでいらして、
すっごく素敵だぁ~~!
さっき感じた疲労はあっというまにどっかに飛んでいったのであった。

今回は、事前にアニメイトが用意したイラストカードに
参加者のフルネームを書いていただく、という形式でした。
サインを待つあいだ、イベント会場の壁にも貼られていた
不破さんのイラストを眺めていたのですが、よく見ると、アナログで
描かれたものをスキャンしてプリントアウトしたもののようで、
じっくりとペンタッチや塗りを観察してしまった。
やっぱりとっても綺麗な線、そして塗りで、このイラストも
できたら欲しかったです・・・

サインをしながら、来場者ひとりずつとお話してくださるという
気さくなお二人の様子に、緊張していた私も徐々にリラックスしてきて
自分の番のときも、図々しくも色々お話してしまいました。
やっぱり頑張って来て本当に良かった!と心から感じました。
素敵なイベントをありがとうございました。心の栄養をいただけて
幸せです。これでまたしばらく頑張れます。

高揚感でまったく疲れを感じていなかった私は、そのあと
勢いでまんだらけ@池袋まで行ってしまい、そこでも素晴らしい
お宝をいくつかげとして、とっても有意義な一日を過ごすことが
できたのでありました。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。